カードローン高額融資の場合の審査に通るコツと注意点とは?

キャッシングよりも高額融資を受けやすいのが、カードローンです。

場合によっては100万以上の高額融資も受けられることがあります。

今回はそんな高額融資を受けたい時の注意点や、審査に通りやすい方法についての紹介です。

○ 年収3分の1以上の借入は難しい

カードローンから100万借りたいと思っても、年収に縛られるためにできないことがあります。

消費者金融や信販のカードローンについては、総量規制の対象になります。

総量規制によって年収3分の1までの借入に制限されています。

100万借りたい場合は、300万以上の年収が必要となります。

例え300万の年収があっても、必ず100万借りられる保証はありません。

カードローンの利用限度額が抑えられた時には、100万借りるのが難しくなります。

銀行カードローンは住宅ローンや自動車ローンと同様に総量規制の対象外という扱いになります。

しかし、銀行カードローンの過剰融資が問題になったため、最近では自主規制を始めるようになりました。

自主規制により、年収2分の1→年収3分の1までの借入に制限する銀行カードローンが見られます。

○高額な利用限度額を希望すると審査はどうなる?

カードローンを顧客に提供する消費者金融、信販、銀行は貸し倒れを一番嫌がります。

利用限度額の高い顧客ほど、貸し倒れとなった時の損失が多くなるため、申込み時に高額な利用限度額を希望すると審査基準は厳しくなる場合があります。

審査に落ちてしまうと100万は勿論のこと、1円も借りられません。

新規申込みの場合は、低めの利用限度額を希望しておきましょう。

○不要なカードローンは解約しておく

3つ以上のカードローンと契約している方は、別のカードローンへの新規申込み時の審査が不利になりかねません。

不要なカードローンは解約しておくと、新規申込み時の審査が有利になることがあります。

クレジットカードにキャッシング枠がある方も、ゼロにしておくのが良いでしょう。

ただし、一度ゼロにしたキャッシング枠を戻す時には、再審査が必要になる点には注意して下さい。

○まとめ

カードローンから100万以上借りられても、返済が困難になっては意味がありません。

本当に返済できるのか、よく考えることが必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ