無利息期間で得するのは利用者?キャッシング会社?

キャッシングが必要だけど、利息の負担は抑えたい時に便利なのが無利息期間のサービスです。

このサービスは顧客にとっては有難いですが、キャッシング会社にとっては意味があるものなのでしょうか?

キャッシング会社の本音も気になるところです。

○ 無利息期間サービスを提供する訳は?

キャッシング会社は1社だけじゃなく、複数社あります。

それぞれのキャッシング会社で競争を行っており、大手同士なら殆ど同じ金利です。

特別なサービスを提供しないと、他社との差別化は難しいでしょう。

以前と比べるとお金を借りる人は、少なくなっています。

そこでキャッシング会社では、新規顧客獲得のために無利息期間サービスを提供するようになりました。

キャッシング会社の収益源となっているのが、顧客からの利息です。

無利息にすると収益源が無くなってしまいますが、無利息といっても30日ほどの期間限定サービスとなっています。

殆どリスクなしで無利息期間サービスの提供ができるのです。

誰しも無利息期間サービスの無いキャッシング会社より、あるキャッシング会社を利用したいと思うことでしょう。

○ キャッシング会社の本音は?

他社で無利息期間サービスを提供しているのに、うちだけ提供しないのでは、新規顧客獲得が難しくなる…。

できるなら提供したくないが、新規顧客獲得のためには仕方がない…。

キャッシング会社の本音は、上記のような2点にあるでしょう。

無利息期間サービスは初回だけであり、何度も利用できるサービスではありません。

30日分の利息収入が入らなくても、顧客が増えればトータルの利息収入も増える可能性が高いという訳です。

○まとめ

キャッシング会社は、無利息期間サービスの有り無しで選ぶのも一つの方法です。

顧客にとっては、キャッシング会社の本音まで気にすることはありません。

遠慮なく無利息期間サービスを利用すると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ